解体工事が進みつつ


解体工事が進みつつ、建設のための様々な手続きを進めています。

工事見積もりの調整や、道路使用の(普段とはちょっと違う)手続き、地鎮祭の下準備などなど。


そんな中、古家のおおよそが解体され、初めて敷地の真ん中に立ってきました。

模型やCG、隣家を含めた断面図などで検討はしていて、どんなに大丈夫と思っていても現地の真ん中に立つまでは不安なものです。

今はちょうど陽が低めになってくる季節ですから、一番知りたかったタイミングでもありました。


完成を想像して、大丈夫大丈夫と思うのでした。