床の見える範囲定規


写真館の設計が始まりました。 その中での話題から、とても面白い定規が出来上がりました。

この図は、カメラを床から1mの高さに据え、水平に構えた際に、床が写る範囲を示します。

写真館ですから、床が見切れてしまうのはカッコ悪い。 そのための検討には、人の目にどう映るかと、カメラにどう映るかを行ったり来たりしながら、、となりますが、なかなか直感的に捉えられない、、。 という訳で、この図を定規を模型に置いて、、。

用途上、様々な背景が必要になりますので、上手い具合に床の仕上げを切り替えられるように!