十条の集合住宅

古い街区にある計画地で集合住宅の検討が進んでおります。 こうした敷地条件では、多くの場合、三階建てにしたいけれど道路斜線が厳しく、三階以上での部屋の確保が難しいという問題があります。


用途が集合住宅ですと、共用部やバルコニーが必要になりますので、こちらを組み合わせて、天空率に有利かつ暮らしやすいプランになるように計画案を模索します。

天空率を用いますと、道路斜線以上のかたちの建物が計画できますので、前述の問題が解決できるようになります。


検討の際、模型をつくるのですが、この段階では、壁が透明な状態です。 各階のプランや各階の天井高さが分かりやすいという特徴があります。


そして、たまった模型を積み重ねると高層ビルに!