設計での気付きから



建築設計の初期段階では様々な判断とアイデアを組み立て、それぞれ図面や模型にします。

何かしらの形をつくりディスカッションをしていると、様々な気付きが集まってきます。 この気付きを設計条件やお施主さんのご要望と照らし合わせ、それなら、次の案はこうしてみよう!という様に、次々と検討が進みます。

こうして、出来上がるものは、素直なのに見たことがないかたちをしていて、設計業務の中でとてもワクワクする瞬間のひとつだなあと思います。