天空率とお庭

住宅の設計で天空率を用いるのはあまり一般的ではないかもしれませんが、合理的な良さがあるならば即採用します。

天空率を用いますと道路斜線制限を緩和できますので、道路側に建築物を広げられるようになります。今回の計画地で面白いのは、道路斜線を緩和すると道路側の環境の良い所に部屋を積んでいくことができ、同時に反対側にはお庭が作れるというところです。 道路斜線とお庭が結びついていたとは。

また、道路斜線を緩和するということは、周辺との街並みから突出したものにならないかという所も重要ですが、周りを見渡す限り大丈夫そうな街並みという印象です。